9月
03
DIARY

SeptemberはDecember?!

皆様こんにちは!

本日はCS Shimotamari が担当致します!

 

8月もあっという間に過ぎ去り、まだまだ暑いですが、9月に突入しましたね…💦

 

 

 

9月と言えば、秋の入り口、旬の食べ物や花、行事など様々な風物詩がありますね

 

その中でも音楽に注目してみてください!!

本日は音楽学部出身として、音楽について少しご紹介したいと思います。

 

タイトルが気になった方も多いと思いますが、それは後ほど…😌

 

 

 

さて、日本にはセプテンバーがタイトルになっている歌が多いのはご存知ですか?

 

■竹内まりや「September」をはじめ

 

■サザンオールスターズ「湘南SEPTEMBER」

 

■aiko「September」

 

■RADWIMPS「セプテンバーさん」

 

など、まだまだ多くのセプテンバーソングがあります♪

 

 

夏が終わり、新しく気持ちを切り替える…

セプテンバー(9月)と言えば、どこか「切なさ」や「寂しさ」も感じるのではないでしょうか?

 

 

季節が変わるこの時期の、何とも言えない感情を歌詞・歌に表現しやすいのではないかと言われ、その象徴としてセプテンバー(9月)と表現されていると言われています。(諸説あり)

 

 

竹内まりやの「September」が第21回レコード大賞新人賞受賞したことで、”セプテンバー”が多くの日本人に浸透したきっかけでもあると思います♪

 

そんなセプテンバーソングの中でも1番有名!!と言っても過言ではない楽曲がありますね

 

■EARTH WIND & FIRE 「September」

 

この時期になるとよくメディア等で流れてくるこちら、タイトル通り9月の曲!!と思う方もいらっしゃると思いますが、

 

 

実は12月の曲なんです!!(やっとタイトル回収です笑)

 

 

歌詞を読み解いてみると

 

○冒頭の歌詞

「Do you remember the 21st night of September? 」
訳: 覚えているかい?9月21日の夜のことを

 

○2番の歌詞

「Now December found the love that we shared in September. 」
訳: そして季節は12月、9月に感じ合った僕たちの愛を振り返る

 

 

9月の出来事を12月に思い出しているのです!笑

 

 

曲調も実に70年代らしい、単刀直入でハッピーなラブソングですね👏

 

 

こうして歌詞を読み解き、曲の理解を深めることで、もっとその曲が好きになりますし、音楽の奥深さに感動させられます…✨😌

 

 

皆様もお気に入りのセプテンバーソングを見つけてみてはいかがでしょうか?😊

 

Shimotamari

2023-09-03DIARY