3月
30
DIARY

GLASS in LIFE

Good morning!!

おはようございます。

 

本日のBlog担当はPresident Office moriyamaです。

 

世の中はコロナ一色

 

また関東一帯では、

日曜の未明から季節外れの積雪

 

外出自粛の東京は街の人出もまばらになり、

本格的に自粛ムードが広まっている感覚です。

 

まだまだ他人事のようですが、

欧米諸国の感染拡大のニュースを見ると、

日本はまだ危機的感覚は薄いかもしれませんが、

その状況が迫っているのかと思うと恐ろしいですね。

 

キャストの皆様もまずは自身とご家族の健康第一で

出来る限りの予防策を張ってくださいね。

 

 

さて本日の話題は先週末のお話へ。

 

週末を利用して、

普段私が住んでいる八丁堀より北に位置するエリアを散歩してきました。

 

目的は2つ。

 

最近竣工した弊社自社開発物件の

「Log okachimachi」の見学。


日比谷線

山手線

大江戸線

銀座線

何れにもほど近い

申し分ない好立地。

都会でありながら東京の下町を生活に感じることの出来る

文化が残る町で、私も好きなエリアの一つです。

 

そしてもう一つの目的は、

御徒町より山手線を隔てて西側に位置する、

湯島の街へ。

 

訪ねたのは、

「木村硝子店」

え、こんなとこに?とゆうくらい

下町らしい細道の一角に本社兼ショールームを構えるガラスメーカーです。

 

創業は明治43年という、100年以上もの長い歴史を持つ老舗の硝子店。

自社工場を持たず、オリジナル商品は国内外の様々な工場で製造されていて、

ショールームの入り口からして、

洗練された雰囲気が感じれます。

 

木村硝子店を知ったきっかけは、

これまた下町浅草にある大好きなレストランで使用されているワイングラス。

 

ひと目見た瞬間に綺麗!!と思い、

刻印された文字は「KIMURA GLASS」

日本のメーカーなんだ!絶対に買おう!

と決めたのがはじまりです。

 

ワイングラスだけでなく、

細かい細工が施された酒器や、

シンプルなのに存在感のある薄張りのグラス、

デザインとバランスが秀逸なカクテルグラス、

などなど和洋問わず職人の技が注ぎ込まれた硝子製品の数々が並んでいます。


リーズナブルなマシンメイドの製品や、

本格的なハンドメイドの製品様々あり、

家庭に一つの華やかさを添えてくれます!

私もこちらのグラスたちを購入させて頂きました。

状況により、家で過ごす時間が長くなる中で、生活に一つの楽しみを加えてみてはいかがでしょうか。

https://www.kimuraglass.co.jp/

 

moriyama

 

 

2020-03-30DIARY