4月
11
DIARY

魅惑の観音裏

Good morning!!

おはようございます。

 

本日のBlog担当はPresident Office moriyamaです。

 

日曜日の東京は最高気温26℃と、

街中は半そで1枚で過ごす人ばかりでした。

気持ちのいい天気で街中には散歩やお出かけと、

いつもより人が多い印象です。

 

私も春の陽気のそそられて、

最近は浅草に出かけことがしばしば・・・。

 

目的はというと、

浅草寺でもなく、ホッピー通でもなく、

「観音裏」と言われるエリア。

浅草寺の北側に位置し、

一般的には奥浅草や裏浅草と言われますが、

地元の人からは「観音裏」と言われ親しまれている地域です。

浅草寺やホッピー通りは観光客でごった返していますが、

一歩観音裏に来ると、どこか落ち着いた雰囲気で、

下町ならではの建物や飲食店が立ち並び、

魅力的なご飯屋さんばかり。

 

ご紹介したいお店が山ほどあるのですが、

本日は一番のお気に入りといっても過言ではないお店を紹介したいと思います。

 

先ずはお店の外観から。

おいおい大丈夫かと心配になりそうな佇まい。

 

店名は「正直ビアホール」

扉を開け1歩店内に入ると、

なんとも心くすぐられる昭和レトロな店内、

年季の入った置物や飾りもの、

そしてかわいらしい笑顔の店主のママに迎え入れられます。

席数はたったの8席のみ。

 

ビールサーバーはレトロな真鍮製ドラフトタワー。

ビールはどこでのんでも一緒の概念が覆される、

ママが丁寧に薄張グラスに注いだビールは

すっとのどに通り、さわやかさと、軽やかさで、

今まで飲んだどこのビールよりもすっと飲めてしまう

魔法のビール。

メニューはこのビール(700円)のみ!

独自のルールがあり必ず2杯以上は飲みましょう!

 

可愛らしい笑顔のママは、

トークも軽快でどこかトゲがあり、

毒舌ながらもどこか愛のある話っぷりが魅力。

 

態度が悪い客や、気にくわない客は追い返すのだとか。

 

入れてもらえてよかった。。

 

多くは語りません!

百聞は一見にしかず、

浅草にお立ち寄りの際は観音裏まで足を延ばしてみてはいかがしょう。

 

(大人数ではなく、一人飲みや少人数で行くのがおすすめです)

 

まだまだ観音裏には魅惑すぎるお店がたくさんあります。

乞うご期待ください!

2022-04-11DIARY